ゴムローラーコーティング開発製造の株式会社セーコウ

株式会社セーコウ
トップ » 会社沿革

会社沿革

会社沿革

1969年(昭和44年)

初代代表取締役多田頼行はじめ7名により世田谷区上野毛に成行商事株式会社を設立。

1973年(昭和48年)

綿棒製造機を開発し、成行実業株式会社を設立。

1974年(昭和49年)

大同工業(株)の正規代理店となり、OAメーカーとの取り引き開始。

1975年(昭和50年)

ペーパースティック(紙軸)の製造・販売を開始。

1977年(昭和52年)

ペーパースティック製造・販売のため、成行技研株式会社を設立。

複写機用ADF(自動紙送り装置)用DFベルトの量産化に成功。

バンドー化学(株)製品の販売を拡大。

事業拡大により、本社を川崎市高津区(現本社)に移転。

1979年(昭和54年)

資本金を1,000万円に倍額増資。

1982年(昭和57年)

茨城県結城郡に常陽営業所を開設。

山梨県中巨摩郡に甲陽営業所を開設。

1987年(昭和62年)

OA業界向け高機能ゴムの製造・販売を開始。

1988年(昭和63年)

成行商事(株)と成行技研(株)を統合し、株式会社セーコウと社名を改称。

1989年(平成元年)

代表取締役社長に石井 進が就任。

除電針の販売を開始。

1992年(平成4年)

資本金を4,000万円に増資。

1993年(平成5年)

事業拡大に伴い、本社/本社工場の全面改築を行なう。

優良申告法人に認定され、表敬状を授与される。

資本金を5,000万円に増資。

海外事業の拠点として、香港に独資で成行有限公司を設立。

1994年(平成6年)

中国広東省深セン市に独資で成行機器(深セン)有限公司を設立し、製造・販売を開始。

1995年(平成7年)

資本金を8,000万円に増資。

新製品開発のため宇奈根研究所(別棟)を新設。

1996年(平成8年)

本社工場に注型ウレタン設備一式を新設し、生産を開始。

1997年(平成9年)

成行機器(深セン)有限公司/業務拡大のため工場を移転し、
ロール機2台を含め、材料練りからの生産体制を整える。

1999年(平成11年)

成行機器(深セン)有限公司工場/ISO9002認証取得。

2000年(平成12年)

成行機器(深セン)有限公司/シリコン専用工場新設。

茨城石下工場開設、パンチャー生産工場新設。

2001年(平成13年)

本社工場に定着ベルトライン新設。

成行精密部件(上海)有限公司設立。材料練りからの一貫ラインを整える。

2003年(平成15年)

本社・本社工場・宇奈根研究所/ISO14001認証取得。

2004年(平成16年)

大和事業所開設、定着ベルト専用ライン新設。

関西方面営業拠点および物流拠点として岐阜中部事業所開設。

成行精密部件(東莞)有限公司設立。

代表取締役社長に加藤友雄が就任。

SEIKO PRECISION PARTS BANGLADESH LTD.設立。

中部事業所/ISO14001認証取得。

2005年(平成17年)

成行精密部件(上海)有限公司/ISO14001認証取得。

2006年(平成18年)

中央事業所に、パンチャー・コーティングローラー生産ライン新設。

成行精密部件(東莞)有限公司、工場建設完成、生産始動。

SEIKO PRECISION PARTS BANGLADESH LTD./ISO14001認証取得。

2007年(平成19年)

成行精密部件(東莞)有限公司 本格稼動化。

事業拡大に伴い 大和事業所に大和第一工場を新設し、 既存工場は大和第二工場とする。

本社工場 表層加工ライン本格稼動開始。

SEIKO PRECISION PARTS BANGLADESH LTD.新設工場完成操業開始。

2008年(平成20年)

中国 東莞・深圳工場ISO 9001認証取得。

コンパクトトリマーの量産化開始。

表層加工ラインを東莞工場に集約。

東莞工場にパンチャー・トリマーの生産ライン新設。

2009年(平成21年)

東莞工場にクリーニングスポンジローラーの生産ライン新設。

本社・本社工場/ISO 9001認証取得。

2010年(平成22年)

代表取締役社長に多田昌儀が就任。

2012年(平成24年)

バングラデシュ工場ISO 9001認証取得。

常磐事業所/ISO 14001・9001認証取得。

物流拠点として厚木サポートサービス開設。

2015年(平成27年)

成行精密部件(上海)有限公司 移転。

2016年(平成28年)

物流拠点及び工場として茨城つくば事業所開設。

つくば事業所/ISO 14001・9001認証取得。

Copyright © 2000-2008 SEIKO CO.,LTD. All Rights Reserved.